2008年11月25日

中国版セカンドライフHiPiHiとは?

第二のセカンドライフを作ろうとしているのは日本だけに限った話ではありません。
中国でも同じような動きがあります。
代表的なバーチャルワールドをあげるとHiPiHiUworldNovokingの3社が有名です。
中でもHiPiHiの動向は気になるところです。
HiPiHiはセカンドライフでできることは大体できます。
マップも中国の町並みが広がっています。興味がある方は実際にダウンロードしてやってみてください。

ところで中国では仮想世界のお金を現実のお金と換金してはいけないという条例があります。
つまり、中国で仮想空間ビジネスをやるためには広告収入ぐらいしかなく、とてもやりづらいということです。
収益を上げるためには中国国外へサービスを拡大するしかありません。

HiPiHiは日本のベンチャーキャピタルngi groupから300万米ドル(約3億5000万円)の出資を受けました。
そしてHiPiHiのサービスを日本に輸入しようとしている会社がngi groupの100%子会社である3Diです。

3Dimixiに「jin-sei」というサービスを提供しています。jin-seiはセカンドライフを提供するリンテンラボ社がオープンソース化した仮想空間を利用し、自社ブランドの3D空間を提供するというものです。わかりやすくいうと企業や大学が自社専用の3D空間をもてるようになります。

考えられるシナリオとしてmixiHiPiHiをサービスの一つとして組み込むかもしれないということです。可能性は低いですが。
国産メタバースであるSplumeにはSNSの機能がありますし、韓国最大のSNSであるCyworldはミニワールドという仮想空間サービスをはじめました。FACEBOOKもセカンドライフと連携していたりします。既存のSNSとメタバースが融合するのは自然な流れなのかもしれません。
もしmixiが仮想空間サービスを始めたら、国内シェアを掴むのは容易なことです。

国内で展開しているメタバースにとって、脅威は隣国にあるのかもしれません。


HiPiHiの動画

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。