2009年02月15日

マズローの欲求段階説

maslow5.jpg

経営学を勉強するとマズローの欲求段階説というのがでてくるのですが、人間の欲求には段階があり、底辺の欲求が満たされると次の欲求が欲しくなるというものです。これは人間関係の根源にあり、あらゆる分野に応用できます。

例えば、ネットワークビジネスに置き換えると、最初は儲けたいという単純な欲求から、始まります。これは『女性が綺麗になって男性にモテたい』というのと『男性が経済力をもって女性にモテたい』という非常に強い生理的な欲求です。次に騙されたくないという危険回避の欲求に変わります。詐欺ではないことがわかると、一緒にやっている仕事仲間と打ち解けたい。→タイトルを取ってみんなに認められたい。という風にすりかえられていきます。トップディストリビューターがいい車に乗っていたりいいところに住んでいたり、必要以上に日焼けしているのは、第五段階の自己実現欲求をメンバーに植え付けるためです。
車や住まいが資産ではなく負債だということは金持ち父さんで習いましたよね?
あえて、彼らはベタなお金の使い方をしているんです。
株で儲けたBNFさんが特に贅沢していないのは、誰かに贅沢を見せる必要がないからかもしれません。

またニコニコ動画にマズローの欲求段階説を置き換えると、ただ動画を見たい→コメントを入れて自分も参加したい→自作動画を投稿してみんなの評価が欲しいというように段階が用意されているからヒットしたわけです。でもアニメが見たいのに削除されているという第一段階の欲求が満たされないと急激に人気が鈍化していきます。

マズローの欲求段階説は仮想空間にも当てはまることで、なぜ、セカンドライフが飛躍的に成長したかといえば、エロとギャンブルという第一段階の欲求から、何かを創り出して認められたいという欲求まで用意されているからです。しかし、性欲と物欲という第一段階の欲求に規制がかかると成長が鈍くなっていきます。

みなさんの身の回りにも、家族や友人、会社、学校やコミュニティの中で当てはまるのがあるのではないでしょうか?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。